紹介ページ

Webカーテンコールとは?

当サイト「WEBカーテンコール」や自分の事について少し語ります。興味のある方は読んで貰えると【tattch】は喜びます。

このサイトについて

WEBカーテンコールは、【tattch】が日々学んだことや興味のあること等を書き綴っていくブログサイトです。また、ポートフォリオサイトでもあります。

当サイトの実装はもちろんのこと、設置しているサーバーの構築も全て自分で実装・運用しています。
ただし、私の本業はシステムエンジニアのためデザインやコーディング面には弱く、一から全てやるのは辛いので、ベースデザインはフリーのテンプレートを使用させてもらいました。

今まで培ってきた技術を駆使して、自分が納得のいくサイトに仕上げていきます!

サイト名の由来

ウィキペディアより一部抜粋

カーテンコール (英:curtain call) とは、オペラ、バレエ、演劇、ミュージカルなどにおいて、歌手・バレエダンサー・俳優、指揮者・演出家が舞台上に現れて観客に挨拶することをいう。通常はお辞儀や手を振ったりして観客の拍手や歓声に応えるだけだが、一連の公演の初日、千秋楽などの節目では代表者が謝辞を述べる場合もある。

当サイト名の「カーテンコール」とは、みなさんの予想通り上記言葉のことを指します。

舞台の上演が終わり感動の最中、鳴り止まない拍手喝采を受ける役者さんのように、やがてWEB業界という舞台の上で最高のカーテンコールを迎えられるようにという願いを込めてサイト名としました。

当時、様々な思いがあり生まれたサイトなので語れば【tattch】がこの業界に入る前の話からと長くなってしまうので、これにて終わります。

目次へ戻る

管理している人

自己紹介

私、WEBカーテンコールを実装・管理・運用している管理人。【tattch】と名乗ります。

WEB業界未経験でとあるWEB制作会社に拾ってもらいました。当時は熱意しか武器がありませんでしたが、いろんな案件を経験して【tattch】はレベルアップしました。

ゲーム・漫画・アニメが大好きなどこにでもいるようなシステムエンジニア(プログラマー)です。技術系の記事の他に日記や趣味の記事も投稿するので、お付き合いいただければ【tattch】は喜びます。

スペック

自己紹介に記載した通り、主にバックエンドを担当するシステムエンジニア(プログラマー)という肩書きでお仕事をしております。以下に【tattch】のスペックをざっくりとまとめます。

開発言語

  • バックエンドは主に PHP と Python を使用出来ます。
  • フロントエンドは得意分野ではありませんが、嗜む程度には読み書き出来ます。

フレームワーク / CMS

  • PHP では主に Laravel、Python では Django を使用した開発経験があります。
    また、Django REST framework を使用した API の開発経験も少しあります。
  • 経験値は低めですが、WordPress を使用した開発経験もあります。

サーバー

  • さくらVPS や Amazon EC2 といったサーバーの構築経験あります。
    公開鍵認証やら SSH の設定等の基本的なことから、Laravel や Django を使用したアプリケーションを公開するまでに必要なことは一通り出来ます。

開発環境

  • Docker を使用して開発しています。
  • 当然ですが、GitHub 等の外部サービスを使用したバージョン管理も実施してます。
目次へ戻る